出会い系サイトそれぞれのメリット

携帯やネット上に多く存在する出会い系サイト。その中でも大きく分けるならば、無料と有料という一つのカテゴリーに分ける事ができます。文字通り利用にお金が掛かるかどうかの違いです。そして無料・有料出会い系サイトそれぞれには一長一短があり、利用者にとってもどちらを利用するかが迷うところではないでしょうか。
通常であれば多くの人は無料の出会い系サイトを利用するはずです。それはお金が掛からないからこそであり、やはり出会いとはいえお金が掛からないのであれば、それに越した事はありません。しかし無料出会い系サイトを利用しているけど、中々出会いに結びつかないという人も、中にはいると思います。この出会いに繋がらない理由は、本人が未熟だからなのでしょうか。決してそうとはいえません。もしかしたら無料出会い系サイトとの相性そのものが悪いかもしれないのです。
こういった人は一度無料・有料出会い系サイトの、個性や特徴と言える部分を一度知識と知っておく事も一つの方法です。もしかしたら有料出会い系サイトの方が、出会いに結びつく可能性もあるのです。お金が掛かるからこそのメリットがあるのも、有料出会い系サイトの一つの特徴といえるでしょう。サイト選びという点で知っておくと有効な知識が、この出会い系サイトの営業形態毎の特徴です。
ここでは様々な角度から、無料・有料出会い系サイトの特徴を紹介し、様々なケース毎にどちらのサイトを利用した方がお得かどうかを簡単に紹介して参ります。
後述も致しますが、個人情報収集被害等で住所や電話番号、出会い系サイトに登録する際のプロフィールといったものが悪質な業者に漏れ出てしまった場合に架空請求が来ます。そればかりに限らず近年ではデコメや着メロ等、一般的に普及したサービスを装い「無料入会」を謳って空メールを送らせるというパターンもあるようです。こういったルートからアドレス等を入手したらば即座に架空請求に乗り出すといった業者も多いとのこと。一応法的にどうこうといったことを文面的には意識しているように見て取れる場合もあるのですが、事実無根です。以下、一例を掲載させていただきます。
(株)○×△□
××-×××-×××
担当のAと申します。
日頃のご愛顧誠に有難う御座います。
さて、早速の本題で御座いますが、現在お客様がご利用になられております携帯電話端末より、IDネットワーク事業者センターを介しまして、以前にお客様にご登録いただきました『有料情報サイト』『出会い系サイト』『検証付きサイト』等における無料期間内等に退会手続きが完了されていない為に発生した、ご登録料金及びご利用料金が未払いのまま長期間の放置が続いている現状が報告されています。
本通知メール到達より翌営業日の営業時間内にご連絡をいただけない場合にはご利用規約に従い以下の手続きに入らせていただきます。
①個人調査の開始
②各信用情報機関に対する個人信用情報の登録
③法的書類を準備作成の上、即刻法手続き(強制執行対象者等)の開始
ご了承くださいませ。
「退会手続き・支払い相談は電話のみ受け付け」と記載されている場合がほとんどですが、これが罠。実際相手が知っている情報はメールアドレスのみで、こちらから伝えない限り相手はその他一切の情報を知り得ないのです。ここで電話をかけてしまうと本人確認と偽って全ての情報を聞き出されることになってしまいます。そうなってしまえば相手はもうこちらのものとばかりに乱暴な応対で入金を脅しつけるかのようにして迫ってくるのです。
この段階で支払ってしまうという人も多くいるわけですが、それは金額が数百万単位といった支払えないような額ではなく、数万単位の少し懐が痛くなる程度の額だからというのが大きいのでしょう。しかしながら、その時は「少し痛いけど」で済んだとして、その後はその業者から同業者に「この人は払う人間だ」という情報が出回ってしまうため、搾り取られていくこともあるのです。
「自分ではもうどうしようもない」と、そう感じたらば消費者センターや警察に相談に行くことをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ